Month: 9月 2018

AMAZONから届いた「クリエイターのための占星術」が小説作りに役立つ

今日は、先日から注文していた小説を書くためのノウハウ本「クリエイターのための占星術」がAmazonから届いた。 封を開けて中身を早速読んでみた。「クリエイターのための占星術」は占星術に沿った形で、キャラクターとストーリーの世界観を構築できるようで、とても勉強になる。星座別に20の質問がついており、この質問に答えていくだけでキャラクターの性格ができてしまう。この20の質問はとても優れており、全ての質問に答えるだけで小説の全体像が簡単に作れそうだ。今までは小説を頭の中で難しく作っていたが、今後はとても簡単に作れそうでワクワクする。そして、最初の星座、太陽について質問に答えてみた。太陽はスターであり、小説のヒーローであるとのこと。今考えている小説の主人公について、この太陽の星座にあてはめてみたが、思ってもみなかった角度で主人公の性格が立ち上がった。今日はとても良いものが届いたと思う。20の質問に答えながら小説を徐々に書いていきたいと思った。うらら酵素

ようやく物流が戻ってきたようです。

北海道胆振東部地震から、北海道の物流も滞っていたのですが、今日の朝の出勤時には多くのトラッツクが走っていたので、物流もかなり戻ってきたのだと思いました。地震から1週間が経ち、売るものが無くなり閉めていたお店も次々とオープンしています、地震前にはあれだけあった物が、次の日には何もなくなってしまう世界、外国だと、略奪が起きても不思議でない事が、日本では、商品のないスーパにも、ちゃんと列を作り並んでいた人たち、この世の中で、何が一番必要なのでしょうと聞かれたら何と答えるのでしょう。今回の地震で、北海道は大停電に見舞われました、全ての物が止まってしまったのです、被害のあるなしにかかわらず、生産はストップしてしまいました、車を動かすこともできない有様です、ガソリンスタンドにも長い列ができていましたが、電力が無ければ給油も出来ないのです。世の中を動かしている物それは電力なのです、今回の胆振東部地震でよくわかりました。http://www.forumciviqueeuropeen.org/

アップルの新製品発表会を見て

深夜の2時からアメリカのアップル本社で行なわれる新製品の発表会を見た。盛り上がりに欠ける発表会だった。スティーブ・ジョブズが生きていた頃はみんなの想像もしないものができてワオってなっていたが今は事前に発表されていたリーク通りの内容で気分もそれほど盛り上がらなかった。アップルがただの高級ブランドになって自分の求めていない方向に進んでいる。手に持ちやすい小型の機種がなくなったのが残念である。スマホのことばっかり考えて自分の副業も疎かになっている。新しいスマホを買えば人生変わると思ったが一瞬喜ぶだけでプロみたいには使いこなせない。もう少し安い価格で小さくて必要な機能だけ使えるものが出てほしかった。iphoneはサポートが長く4,5年前の機種でも十分に使える。アンドロイドもほしいと思うが、パソコンがマックを使っているのでiphoneがいいかなっておもう。古いiphoneを使っているので反応が遅くあまり触る気がしない。毎日自分の失敗を思い出し後悔している。あのときうまく行ってたらお金で悩むこともなかったのにと。リモサボン

日々精進!

節制のために夫と自分のお弁当のおかずは出来るだけ手作りを心がけています。とはいえ、料理を初めてまだ1年半ほど。まだまだ上手とは言えませんが、簡単な手料理は出来るようになってきました。最近は小麦粉を消費したいので、ミニグラタンを良く作っています。最初は焦がしたり、オーブンにかけると溢れ出て調整に苦労しました。しかし今日やっと、よい感じにチーズがこんがり美味しそうに出来上がりました。夫が苦手な野菜をペーストして作っていますが、美味しいと言ってきれいに食べてくれています。本日の出来上がりも夫に見せると「どんどん上手になってるね」と褒めてくれました!また、体力消耗の激しい夫のおやつも最近は作るようになりました。ホットケーキを玉子焼き機で焼いて4つ切にしているのですが、最初は味変なし、形も歪でしたが、今日作ったものはお腹に溜まるようソーセージをいれ、まだ続く暑さ対策に塩を足す工夫をしました。成型も上手く出来て満足です!ですがまだまだ上手に、美味しく作れるよう頑張ります!クリームシャンプーランキング

おまえ?!というもの

オマエと呼びかけてしまうものに信用はない。だが、日々の中でオマエと言われるものの存在が欠かせないものになる人はたくさんいるのだろう。普通は、ペットのイヌがオマエ?と呼ぶかけられ頼りにされる。どれだけ頼りにされて自慢になっても、信用も何もなく結局は何にもできない。けれども、愛すべき小さな生き物と暮らす人々の日々は楽しいものだ。見ているだけでも不思議と癒されるのがペットというものだ。散歩に毎日行くことになるので犬を飼うのもいいのではないか、と思うには思うのです。結局、縫いぐるみを買って眺めているのですが、西友荻窪店で購入したこのイヌの縫いぐるみは当時、という1980年代のとりかえばやなるものを覚えている!というので、購入し眺めているのです。だんだん薄汚れてきて汚いやつと呼ばれていますが、当時もオマエ?なる縫いぐるみを洗うか洗わないか?が議論になりました。ザブザブ洗ってしまって別人のようになってしまっては元も子もありませんから洗いませんが。セラビオ配合導入液の感想