勉強をしました。20世紀初めの世界の人口は約16億人でしたが、2000年には60億人を超えました。この約百年間で人類の居住空間としての地球は3分の1以下に縮小したことになります。この間に飛行機や自動車の発達、鉄道や船舶の改良によって移動の時間は驚くほど短縮されました。また、情報メディアの画期的進展によって世界各地の情報は瞬時に世界を一周して伝えられ、時間の点でも地球はますますせまくなっています。1960年代から人工衛星や月面からの画像によって、人類は歴史上はじめて地球の姿を外から眺めることができるようになりました。こうして、20世紀は「もの」「ひと」の交流による世界の一体化をこえて、視覚的にまたは日常生活の面でも地球世界の成立を実感できるようになりました。20世紀は、エネルギーの面で19世紀の「蒸気と石炭」から「電気と石油」に主力が移り、工業生産が飛躍的に発展した時代となりました。巨大な生産力は自然環境を一変させただけでなく、たとえば家電製品の普及によって人びとの伝統的な暮らし方を根底から改変させました。クリアネオ