オマエと呼びかけてしまうものに信用はない。だが、日々の中でオマエと言われるものの存在が欠かせないものになる人はたくさんいるのだろう。普通は、ペットのイヌがオマエ?と呼ぶかけられ頼りにされる。どれだけ頼りにされて自慢になっても、信用も何もなく結局は何にもできない。けれども、愛すべき小さな生き物と暮らす人々の日々は楽しいものだ。見ているだけでも不思議と癒されるのがペットというものだ。散歩に毎日行くことになるので犬を飼うのもいいのではないか、と思うには思うのです。結局、縫いぐるみを買って眺めているのですが、西友荻窪店で購入したこのイヌの縫いぐるみは当時、という1980年代のとりかえばやなるものを覚えている!というので、購入し眺めているのです。だんだん薄汚れてきて汚いやつと呼ばれていますが、当時もオマエ?なる縫いぐるみを洗うか洗わないか?が議論になりました。ザブザブ洗ってしまって別人のようになってしまっては元も子もありませんから洗いませんが。セラビオ配合導入液の感想